いけちゃんのblog2|練馬・関町・武蔵関の池島接骨院

Tel.03-3920-5556

診療時間:9:00〜11:45、16:00〜19:15

お問い合わせ

いけちゃんのblog2column

色々な靴 26(自分の足に合った靴を選ぼう!!)(膝が痛いO脚の男性)

膝が痛い70代の男性が、足底板を作ることになりました。

 

し、しかし・・・

彼が履いているスニーカー5Eで、横幅が広すぎるのです^^;

 

 

「Tさん、他に靴を持ってますか?」

 

「持ってますよ。でも、これが脱ぎ履きしやすいから・・・」

 

この靴はTさんには幅が広すぎるんですよ。

靴の紐を締めたまま脱ぎ履きできるということは、幅が広すぎるんですよ。」

 

もちろん、Tさんには靴の履き方紐の締め方を最初に指導しました。

 

こちらを参考にしてください。

 ↓

(50)靴の紐は、ちゃんと締めなおしましょう!!

https://www.ikejimasekkotsuin.jp/column/2183/

 

正しい靴の履き方紐の締め方をやっても、紐を締めたまま靴を脱ぎ履きできるほど緩い靴でした。

 

★TさんにはO脚があるので、幅が広い靴を履いていると、

靴の中で足がぶれて膝が揺れるので、膝の痛い間はもう少し幅の狭い靴を履いた方が良いこと、

足底板を作成しても、自分の足に合わない靴を履いていると効果が薄いこと、

などを説明し、別の靴を持ってきてもらいました。

 

 

こちらの靴は、Tさんの足にとても合っていました

 

 

足底板の予約の日に、

Tさんの5足の靴に出来上がった足底板を入れて歩行をチェックしました。

 

後の2足と中央の右側の靴は同じメーカーで、靴底もしっかりしていて

サイズもTさんの足に合っていました。

足底板を入れると、とても安定した歩行になりました。

 

中央の左側の靴は、靴底が柔らかいことと、だいぶ履き古しているので、

足底板を入れても歩行に安定感がありませんでした。

 

一番前のTさんお気に入りの5Eの靴では、

もちろん足底板を入れても歩行に安定感がありませんでした。

 

Tさんに歩行の安定感歩きやすさなどを実感してもらって、

膝の痛い間は同じメーカーの3足だけを履くことを納得してもらいました

 

 

なぜそこまで、する必要があるのか!!??

 

 

足底板は、すべての靴に合わせることはできません

 

どんなに足底板を完璧に作ったとしても

合わせる靴によって効果が微妙に変わってしまうからです。

 

この写真はベースの部分ですが、

緩い靴なのか、ぴったりした靴なのか

また、靴の履き方によっても、削った足底板を貼り付ける位置が少し変わります

 

最終的には、裏地を貼り付ける時に、ベースの部分で微調整をします。

 

職人系の私は、そこまでこだわっています。

 

 

彼は、古い靴幅の広い靴お気に入りで、まだ履くと、言っていました。

 

膝の痛い間は同じメーカーの3足だけを履くことを、ちゃんと、守ってくれるかなぁ・・・

 

 

 

いけちゃん

 

 

いけちゃんのblog 1 目次 (2012年3月 ~ 2019年11月)

http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46271926.html

足関節捻挫後のトレーニング(リハビリ)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/49979025.html

 

いけちゃんのblog 2 目次 (2019年10月 ~  )

https://www.ikejimasekkotsuin.jp/column/892/

新足のトレーニング総集編(三角骨・長母趾屈筋腱炎・腱鞘炎)(シンスプリント)(有痛性外脛骨)

https://www.ikejimasekkotsuin.jp/column/3000/

新ストレッチ総集編

https://www.ikejimasekkotsuin.jp/column/2986/

新色々な足総集編

https://www.ikejimasekkotsuin.jp/column/2992/

新テーピング総集編

https://www.ikejimasekkotsuin.jp/column/2996/

新足底板と靴の総集編

https://www.ikejimasekkotsuin.jp/column/2998/

お問い合わせ

診療のご相談等、お気軽にお問い合わせ下さい。

Back to Top