いけちゃんのblog2|練馬・関町・武蔵関の池島接骨院

Tel.03-3920-5556

診療時間:9:00〜11:45、16:00〜19:15

お問い合わせ

いけちゃんのblog2column

肩関節の内旋制限・巻き肩の改善エクササイズ 2 (腕立て伏せのポイントもついでに書きました!)

皆様、お待たせしました!!

「肩関節の内旋制限・巻き肩の改善エクササイズ 2 」をお送りします!!

肩関節の内旋制限や巻き肩の説明は、こちらのブログを参考にしてください ↓

「肩関節の内旋制限・巻き肩の改善エクササイズ 1 」https://www.ikejimasekkotsuin.jp/column/591/

 

ステップ 3:肩関節周囲と背中、ハムストリングスの筋力強化

今回のモデルさんは、セラピストのNさんです。

①②身体のやや後方に指先が自分の足の方に向くように手をついて、

ゆっくりお尻を上げていきます。

③④

この時、両手の付け根でマットを押し、肘を少し曲げて両肘を寄せながら、

両手の付け根と足裏で、ゆっくりお尻を上げていきます。

 

両手の付け根でマットを押して、肘を少し曲げ両肘を寄せると、

胸が開き、脇が使えるようになり、肩甲骨を下げ首を長く使えるようになります。

 

足裏やお尻の上げ方にもポイントがあるのですが、

今回は上半身の使い方に集中してほしいので、取りあえず「足裏で床を押してお尻を上げる」とだけ書いています。

(お尻の上げ方の細かいポイントは、いつか特集しますね。)

⑤⑥次に、

指先が45度自分の足の方に向くように手をついて、

ゆっくりお尻を上げていきます。

 

⑦⑧次に、

指先を90度外側に向くように手をついて、

ゆっくりお尻を上げていきます。

⑨⑩次に、

指先を45度頭側に向くように手をついて、

ゆっくりお尻を上げていきます。

⑪⑫次に、

指先を頭側に向くように手をついて、

ゆっくりお尻を上げていきます。

 

両手の付け根でマットを押し肘を少し曲げて両肘を寄せる

胸が開き、脇が使えるようになり、肩甲骨を下げて、首を長く使えるようになります

 

★これらを3~4回ずつくらい、行ってください。

 

このエクササイズで肩の痛みを感じる方は、無理をせずエクササイズを中止してください。

痛みを伴うエクササイズは、炎症症状が悪化する場合がありますので、ご注意ください。

必ず、門の医療機関やトレーナーに相談してください。

 

 

さて、Nさんの1カ月後です。

上手になっています!!

⑭⑮⑯

⑰⑱⑲

⑳㉑㉒

㉓㉔㉕とくに、首の使い方が格段に上手になっています!!!

力みが取れて、首がすっと伸びるようになってきました!!

 

 

「腕が疲れた~・・・」とNさんが言っていました。

 

番外編:腕立て伏せ

 

Nさんは、腕の力が弱く、腕立て伏せが1回もできないそうです。

㉖㉗㉘㉙㉚膝つきの腕立て伏せを、やってもらいました。

 

う~ん・・・

確かにきつそう・・・

 

両手の付け根でマットを押して

両肘を少し曲げて自分の身体の方へ引き寄せながら

腕立て伏せをします。

 

両手の付け根でマットを押して、両肘を少し曲げて自分の身体の方へ引き寄せると、

脇が使えて、肩甲骨を下げて、背中の筋肉が使えるようになります

 

㉛㉜㉝㉞そうそう、そんな感じ!!

 

㉟㊱㊲㊳㊴㊵

次に、脇を絞めた腕立て伏せに挑戦してもらいました。

「脇を絞めた腕立て伏せって、今まで1回もできなかったのに!!??」と、Nさんは楽にできた自分に、びっくりしていました。

 

身体の使い方を少し変えるだけで、できないことができるようになることもあるんです

 

このブログでは、今後も正しい身体の使い方をテーマに書いていきたいと思います。

 

 

いけちゃん

 

 

いけちゃんのblog 1 目次

http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46271926.html

 

いけちゃんのblog 2 目次

https://www.ikejimasekkotsuin.jp/column/892/

お問い合わせ

診療のご相談等、お気軽にお問い合わせ下さい。

Back to Top